2010年05月07日

郵政改革法案を閣議決定=来秋、3社体制に(時事通信)

 政府は30日の閣議で、今国会に提出する郵政改革関連法案を決定した。日本郵政グループを3社体制に再編することや、郵便、金融の全国一律サービス義務付け、金融業務を監視する第三者組織の設置などが柱。施行日は来年10月1日。日本郵政の公的性格を強める内容で、小泉純一郎元首相が推進した民営化路線を大きく転換する。
 亀井静香金融・郵政改革担当相は今国会での成立を期す考えだが、会期末が6月16日と日程に余裕がなく、審議時間が十分取れないとの指摘も出そうだ。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

女性バリスタ初の頂点へ(産経新聞)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)
痴漢取り締まり、検挙倍増=新入生、新社会人狙う−警察庁(時事通信)
<皇太子ご一家>静養のため栃木・御料牧場入り(毎日新聞)
可視化は重大事件限定も 千葉法相(産経新聞)
posted by タケシマ テルオ at 09:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。