2010年06月11日

<東北厚生局>職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)

 厚生労働省の東北厚生局(仙台市)が情報公開法に基づき、07年に開示した行政文書について、一部を改ざんし記述を削除していたことが10日分かった。同法は行政機関による開示文書の改ざんや、不開示理由を示さずに隠ぺいすることを禁じている。識者は「制度の根幹を揺るがしかねない悪質な行為だ」と批判。同局総務課は文書開示にかかわった職員らに経緯を聴き始めた。【坂本智尚】

 問題の文書は、福島県郡山市の医療専門学校に対する「実地調査結果」。在校生や教職員から「授業時間が不足している」などの指摘があり、同局は06年11月に調査を実施。医事課養成施設係長がA4判2枚にまとめた。

 だが、実地調査後も授業時間などが改善されないため、卒業生の男性が07年6月に「指導関係書類」の開示を請求。同年8月に複写文書約500枚を受け取り、「実地調査結果」が含まれていた。男性は、開示文書が一部黒塗りだったことから今年4月、改めて同じ文書の開示を請求。「実地調査結果」の「問題事項」の末尾に、07年の請求時には無かった記述があることに気付いたという。

 消されていたのは4行で、04年4月から約3年間の柔整(じゅうせい)科と鍼灸(しんきゅう)科について「H16年度(04年度)の変更申請を承認していないため、H16年度以前のカリキュラムで授業を行うべきであったが、未承認のカリキュラムで行っていたため、学則上での授業時間の不足が生じることになる。(不足時間数 柔整科497時間、鍼灸科784時間)」と記されていた。

 「実地調査結果」をまとめた養成施設係長はその後、総務課に異動。07年の開示請求時は情報公開窓口の担当だった。毎日新聞の取材に対し、元係長は自ら文書の一部を抹消したことを認め、「消した理由や方法は言えない。すべて厚生局に話している」と説明。同局総務課は「現在は調査中で回答できない。事実なら重大な問題だと認識している」と話した。

 一方、法令では履修単位が足りなければ、柔道整復師と鍼灸師の国家試験の受験が認められない。関係者によると、05〜07年度の同校卒業生約260人が単位不足に陥り、同局は本来、学校に補講を指導する必要があったという。

 07年の開示請求時の医事課長は取材に「該当する卒業生が既に全国で開業しており、補講すべき時間があまりに多すぎたので特例とした。重要案件であり、本省と協議の上、局長の判断だったと思う」と話した。

 厚生局の一連の対応に、開示請求した男性は「不足時間が膨大になったのは、学生や教職員から何度も内部告発があったのに、2年以上も放置した厚生局の責任だ。その追及を恐れ(授業時間不足の記述を)隠して開示したのではないか」と推測している。

【関連ニュース】
核密約を考え直す:/3 情報公開の波
横浜地検:準強制わいせつの男性、再び不起訴 /神奈川
行政ファイル:近畿厚生局と府が柔道整復師の医療保険受領委任取り扱いを中止 /京都
全国学力テスト:結果、市町村別に公開を 県情報審が教委に答申 /島根

引き出し役2人の顔写真公開=振り込め被害増加で警視庁(時事通信)
<口蹄疫>エース級種牛5頭は陰性 「宮崎牛」全滅回避へ(毎日新聞)
【ソユーズ】日米露が野口さんら絶賛、祝福(産経新聞)
天井が突然バリッ…屋根裏侵入の隣人男を逮捕(読売新聞)
ニコン、「Wii」と「YouTube」で動画配信、カメラや半導体の技術を紹介
posted by タケシマ テルオ at 14:43| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

普天間移設「今一度心からおわび」 首相(産経新聞)

【首相会見詳報】(2)

 「引き続いて、閣議決定の具体的な内容と経緯を若干、簡潔にご説明申し上げます」

 「民主党自身も野党時代に県外、国外移設を主張してきたという経緯がありますなかで、政府は昨年9月の発足以来、普天間飛行場の代替施設に関する過去の日米合意について、見直し作業を実施いたしました。鳩山政権として県外の可能性を米国に投げかけることもなく、現行案に同意することには、どうしても納得ができなかったのでございます。こうしたことから、昨年12月、新たな代替施設を探すことを決めました。その後の5カ月間、何とか県外に代替施設をみつけられないかという強い思いのもと、沖縄県内と県外を含め、40数カ所の場所について、移設の可能性を探って参りました」

 「しかし、大きな問題は海兵隊の一体運用の必要性でございました。海兵隊は一体となって活動をいたします。この全体をひとくくりにして、本土に移すという選択肢は、現実にはありえませんでした。ヘリ部隊を地上部隊などと切り離し、沖縄から遠く離れた場所に移設するということも、かないませんでした」

 「比較的、沖縄に近い鹿児島県の徳之島への移設についても検討いたしましたが、アメリカ側とのやりとりの結果、距離的に困難との結論に至りました。この間、徳之島の方々には、ご心配とご迷惑をおかけし、厳しいお声もちょうだいいたしました。大変申し訳なく思っております。国外、県外は困難との結論に至ってからは、沖縄県内の辺野古周辺という選択肢を検討せざるをえませんでした。自分の言葉を守れなかったこと、それ以上に、沖縄のみなさま方を結果的に、傷つけてしまうことになったことに対して、心よりおわびを申し上げます」

 「しかし、それでも、私が沖縄県内、それも辺野古にお願いせざるを得ないと決めたのは、代替施設を決めない限り、普天間飛行場が返還されることはないからでございます。海兵隊8000人などのグアム移転や、嘉手納以南の米軍基地の返還も、代替施設が決まらないと動きません。この現実のもとで危険性の除去と負担軽減を優先する。それが今回の決定であること、どうかご理解を願いたい。新たな代替施設につきましては、詳細な場所や工法などについて、環境面や地元のみなさま方への影響などを考慮して、計画を作ってまいります。地元の方々との対話を心がけてまいります。沖縄の方々、特に名護市の多くの方々が、とても受け入れられないとお怒りになられることは重々分かります。それでも私はあえて、お願いせざるを得ません」

 「今回の決定は、米軍基地をめぐる沖縄の現状を放置するということではありません。まずは、沖縄で行われている米軍の訓練を県外に移し、沖縄の負担軽減と、危険性の除去の実をあげてまいります。そのためには、他の自治体に米軍などの訓練受け入れをお願いしなければなりません」

 「昨日、全国の知事さん方にもお願いをいたして参りました。今後もご理解を求めてまいります」

 「また、今回の日米合意では、徳之島のみなさまにご協力をお願いすることも検討することといたしました。今後もよく話し合って参ります」

 「最後に今回の日米合意による、新たな負担軽減策についてでございます。今まで沖縄県から要望を受けながら、前政権のもとでは、アメリカと交渉さえしてこなかったものが含まれております。県外への訓練のほか、沖縄本島の東方海域の米軍訓練区域について、漁業関係者の方々などが通過できるよう合意をいたしました。また、基地をめぐる環境の問題についても、新たな合意を目指して検討をすることにいたしました。今後はその具体化に力を尽くしてまいります」

 「以上、ご説明を申し上げましたが、ここにいたるまでの間、国民の皆さんや沖縄の県民の皆さん、関係者のみなさま方にご心配とご迷惑をおかけしたことは、私自身が一番よく分かっているつもりでございます。改めて今一度、心からおわびを申し上げます」

 「その上で、国民のみなさまに申し上げます。政府は、私が示しました方針に基づき、普天間飛行場返還のための代替施設の建設と、沖縄の負担軽減策の充実に向けて、これから邁進(まいしん)して参ります。今後とも、沖縄のみなさま方とは真摯(しんし)に話し合わせていただきたい。沖縄県以外の自治体の方々にも、協力をお願いをして参りたい。国民のみなさまが心を一つにして、基地問題の解決に向けて、知恵を出しあっていきたいと思っています」

 「そして、どんなに時間がかかっても、日本の平和を主体的に守ることができる日本を作ってあげ、(言い直して)作っていきたいと私は考えています。日米同盟の深化や東アジア共同体構想を含め、私たち日本人の英知を結集していこうではありませんか。沖縄の基地問題の真の解決も、その先にあると私は思っているのであります」

 「最後に2点。基地以外の重要問題について申し述べます。まず、韓国の哨戒鑑、沈没事案について、明日から韓国を訪問するにあたり、改めて、犠牲になった方々、そのご家族、韓国の国民に皆さんに対し、心からお悔やみを申し上げます。北朝鮮の行動は許し難いものであり、国際社会とともに、強く非難をいたします。日韓首脳会談、日韓中サミットにおいて、このことは、しっかり議論してまいります」

 「また、宮崎県において、発生をいたしました口蹄疫(こうていえき)によって、大変ご苦労されておられる農家のみなさま方に、心からお見舞いを申し上げます。さらに不眠不休で防疫対応に取り組んでおられる関係者の方々にも、心から経緯を表します。政府として、やれることはすべてやります。以上で、私の話を終わります。ご静聴有難うございました」

【関連記事】
首相「11月までに2プラス2で合意」 
米政府は共同声明をひとまず「歓迎」、鳩山政権には見切り
普天間移設 「将来は県外」で説得へ 社民離脱阻止を優先
普天間移設 許されぬ文言の使い分け
迷走の鳩山政権 米国防長官「長すぎたのでは」

自転車登録緩和が「官僚政策グランプリ」(産経新聞)
ポイントは“本業”を通じた環境経営――ゴールドウインの自転車通勤制度(Business Media 誠)
通り魔事件で男性無罪 被害者証言疑問、面割り捜査を批判(産経新聞)
<崩落>洞穴調査中の埋蔵文化財センター職員死亡 富山(毎日新聞)
<肝臓幹細胞>皮膚から作成…国立がん研究センター成功(毎日新聞)
posted by タケシマ テルオ at 18:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)

 JR西日本は25日、神戸市灘区の山陽新幹線「六甲トンネル」(新大阪−新神戸間)内で、レールの交換作業をしていた作業員8人が体調不良を訴え、うち3人が病院に搬送されたと発表した。3人は一酸化炭素(CO)中毒で、軽症。運行に影響はなかった。

 JR西によると、作業は同日午前1時ごろから約90人で行っていたが、同3〜5時ごろ、計8人が次々と「気分が悪い」などと訴え、うち20代男性2人と40代の男性1人が病院に運ばれた。エンジン付きの建設機械を普段より長時間使用したため、CO濃度が高まった可能性があるという。当時、CO検出器は現場に持ち込まれていなかった。【牧野宏美】

【関連ニュース】
山陽新幹線:一時運転見合わせ 新大阪−姫路
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
米運輸長官:JR東の新幹線視察「日本の高速鉄道に感激」
リニア中央新幹線:開業2年延期、27年目標 収益悪化で
東北新幹線:新青森延伸12月初旬に

<大相撲>暴力団へ席提供、2親方が関与 昨年の名古屋場所(毎日新聞)
<環境保護>日本の子どもは意識低い エアバス社の調査(毎日新聞)
「金に困ってた」と長女=生活困窮、金目当てか―千葉放火殺人(時事通信)
事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
<覚せい剤>のみ込んで密輸、ナイジェリア国籍の容疑者起訴−−千葉・成田(毎日新聞)
posted by タケシマ テルオ at 20:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。